上質のイギリス・フランス製アンティークを英国から日本へ

― Since 2010 ―

英国はデヴォン地方より、アンティークを愛する全ての方へ。

当店は、在英アンティーク・ディーラーのウィルク弘美が立ち上げたオンラインショップです。

コンセプトは「可憐と気品」、この二つの趣を併せ持った上質の陶磁器や銀器をお届けしております。


 

 ー 美しい言葉や風景に心を動かされるように ー

 

柔らかく弧を描くハンドル、縁にきらめく金彩。香り立つような薔薇、「白」を極める努力の果てに備わった品格。

そして、言葉では語れない歴史の重みとアンティークが纏う空気。

当サイトを通して、皆様の「美しいものに感動する幸せな心」と感性に触れ、この喜びを広げることができますように。

 HIROMI WILK

 

1978年9月生まれ。2010年、結婚を機にイングランド南西部のデヴォンに移住。

英国人の夫と二人の小さな息子達と穏やかな田舎に住み、ティーカップをメインに扱うアンティークディーラーとして活動。

趣味:テニス、お茶、アンティーク収集、ガーデニング、写真/デザイン、フラワーアレンジメント。

 

 

【 アンティークに魅了された時 ~趣味からキャリアへ~ 】

 

―例えば、初めて目にしたワイルマンのティーカップ。重ねられたソウサーとプレート、繊細な色のグラデーションが相まって、開いた花のような造形美を目の当たりにし、こんな素敵なテーブルウェアが100年以上前に作られていたなんてと感銘を受けました。パラゴンの占いカップやローズハンドルのティーカップは、高品質のボーンチャイナに透き通るようなパステルカラーと遊び心が重ねられて、ドキドキするほど可愛くて。そして約200年の時を経たジョージアン時代のティーカップには・・エナメル彩の艶が甘美に煌めく総手描きの絵付け、上品に輝く純度の高いゴールドを用いた金彩装飾、蔓のように優雅な弧を描くハンドル・・そんな夢のような美しさに深い感動を覚え、見るたびに幸せな気持ちにさせていただいています。

 

綺麗なものに心ときめかせ、その幸福感や豊かな気持ちを愛でられる方達のために、さらなる喜びを。そんな想いで当サイトを展開し活動してまいりました。希少なアンティーク品はお金があれば手に入るというものではなく、希有なご縁も必要です。当店を通して、お客様が人生の宝物と思えるお品と出会うきっかけになることができれば、それは私の本望でもあり心からの喜びです。― H.Wilk

 

 

 

【アンティーク・ディーラーとしての活動】

 

2010年にイギリス移住後、アンティーク収集家に囲まれた環境に恵まれ、特に陶磁器に魅了される。

老舗オークションハウス主催のセミナー等でアンティーク陶磁器について学びながら、あるコレクターの専属バイヤーを努める。最初の3年の間に約千客のアンティークカップを買い付け(実際に手に取って学ぶ、これが後に一番の経験となる)、同時に独自で欧州と北米にディーラーネットワークを築き、入手ルートを拡大。2015年アメリカ、ワシントンDCにも支部開設。買い付け品を当サイトやSNS上で公開していく中で、国内外からの依頼が増え、現在は国際的に活躍。独自のセンスで厳選して買い付けるティーカップは女性達からの支持が高い。

 

  • 2010年 入手したアンティーク品の紹介や英国カントリーライフを綴る当ウェブサイト「www.hirorich.com」を設立
  • サイト設立以降、日本をメインに、次々とコレクター/クライアント様達からご依頼をお受けする
  • 2015年~2016年 日本でアンティーク/ヴィンテージ紅茶占いティーカップ講習会を約20回開催。
  • 2016年10月 「Fortune Telling Teacups イギリス紅茶占いティーカップ」出版、好評発売中。
  • 2017年 イギリスのお茶栽培家達と日本の茶農家をつなぎ、紅茶の輪を広げる活動を開始。
  • 2018年3月 当サイトにてオンラインショップ『Graceful Teacups by H.Wilk』開設。

 

RSVP21号「美しき湖水地方を訪ねて

取材『イギリスで出会ったアンティークの暮らし』106-107ページ

RSVP19号「イギリスのクリスマス」

寄稿『ティーカップに未来を重ねて』128-131ページ


世界緑茶協会機関紙 『緑茶通信』42号

 

世界お茶事情『一杯のお茶に幸せの兆しを探して』

―英国で流行した紅茶占い―ウィルク弘美

29~32ページ