433. ジョージアン金彩ティーボウル・トゥルートリオ(英1800年代初頭)

433. ジョージアン金彩ティーボウル・トゥルートリオ(英1800年代初頭)

 

とても古い時代(1800年代初頭)のトゥルートリオです。

まだティーカップにハンドルがつく前のティーボウル。
そして小さめコーヒーカップ(当時はコーヒーも高級品でした)。
ソウサーはどちらにも合うように作られています。

 

シャンクト・フルーテッドシェイプと呼ばれるこのツイストした模様は、ウースター窯のものが有名ですが、当時(1800年代前期)はとても人気だったので、他の名窯でも製作されていました。窯元は不明ですが、ウースターの可能性があります。

 

植物のガーランド模様がとても美しい金彩が手描きで丁寧に装飾されています。

 

<コンディション>

ソウサー:欠けやひびはありませんが、全体的に金彩の擦れがあります。お写真にてご確認ください。この時代のものは、金彩がほぼすべて剥げてしまっているものもあるので、こちらもまだ良い状態だと思います。白磁にいろんな粒等が見えるのも、この時代のお品ならではです。

 

ティーボウル:欠けやひびはありません。見えにくい位置ですが、外側下部少し貫入があります(目立ちません)。また金彩りの擦れもありますが、こちらはこの時代のものではかなりキレイに残っていると思います。縁の金彩に1mm程度の剥げがあります。触るとなめらかで欠けではありませんが、お写真にてご確認ください。こちらも小さいので気にならないレベルです。


コーヒーカップ:縁に一箇所長さ約1.3cmのヘアライン(極細のひび)があります。焼成時にできた貫入も密度は少ないですが広範囲にあります。コンディションを考慮して、コーヒーカップは無料でおつけする形にして、お値段を安く設定いたしました。

¥42,000

¥22,800

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-2週間