· 

424. ジョージ・ジョンズ・クレゼント/総手描き 花の桃源郷トリオ(1920年前後)

424. ジョージ・ジョンズ・クレゼント/総手描き 花の桃源郷トリオ(1920年前後)

 

色とりどりの花がオール・ハンドペイントで描かれた夢のようなティーセットです。花々が柔らかいタッチで描かれ、白磁に溶け込んでいくようなグラデーションで表現された装飾は、幻想的かつ、あたたかい雰囲気を醸し出しています。とても魅力的なティーカップですね。

 

アール・ヌーボー期の花や植物といった有機的な美しさにフォーカスした絵付けに、当時新たに始まったアール・デコ期のすっきりと洗練されたシェイプの組み合わせがとても印象的で、珍しいお品といえます。ヴィクトリア時代末からアールデコ期にかけて、ロマンティックなティーセットを数々と生み出した同窯ですが、総手描きのお品は極めてレアです。

 

磁胎もとても白く滑らかで綺麗です。約100年前に製作されたお品ですが、同窯では後期の作品ということもあり、かなり完成されていますね。

 

<コンディション>

 

欠け、ひび、貫入の無い素晴らしいコンディションです。

金彩も綺麗に残っており(ハンドルの下側という通常のご使用では見えない部分に少し擦れがございます。最後のお写真でご確認ください。)、表面的な傷も少なく、使用感を感じさせません。

 

<サイズ> 

紅茶用サイズです。

 

カップ:口径11cm 高さ6.5cm ソウサー:直径15cm プレート:19cm

¥0

  • 在庫切れ