· 

320. ダービー窯/金彩とコバルトブルーのエナメル彩ティーボウル(英1784-1825年頃)

320. ダービー窯/金彩とコバルトブルーのエナメル彩ティーボウル(英1784-1825年頃)

 

ロイヤルダービーがまだロイヤルの称号を冠する前のダービー窯時代、約200年前に手作りされた美しいティーボウルです。繊細かつ正確な花の模様が厚めのコバルトブルーの細い帯を彩っています。縦縞に立体感のある当時人気だったシェイプで、大きさも小さすぎず丁度良いサイズ感です。

 

<コンディション>

 

欠け、ひび、貫入の無い素晴らしい保存状態です。古いものですので、小傷(特にボウルの底)がありますが、微細なものが多く、表面的なものなのであまり気になりません。ごく小さいファイヤリングマークがありますが、目立つ程のものはありません。金彩もエナメルもかなり綺麗に残っており、200年前のものとは思えないコンディションです。ボウルの縁の金彩に1mm前後、金がはげて居る部分があり、触るとザラッとしているので素地にも浅く(1mm未満で本当に薄い表面)削れているかもしれません。ただ小さいので実際にお手に取られると気にならない程度かと思います。最後のお写真でご確認ください。これを踏まえて少しお値引きしています。

 

※このお品のコンディションがいかに良いかをご理解いただくのに、わかりやすいお写真をこのページの一番下に載せますので、そちらもご確認ください。

 

ボウル:直径7.8cm、高さ5cm ソウサー:直径13.5cm、高さ2.5cm

¥0

  • 在庫切れ

<コンディションをご比較ください>

 

販売はしておりませんが、手元にもう一枚同窯の同じソウサーがあります。下記1枚めの写真は、左が今回販売のソウサー、右側が手元にあるもう1枚のソウサーです。コンディションの違いが如実に現れていますので、拡大の上ご覧ください。200年前のお品だとやっとの思いで見つけたとしても、右のソウサーのような状態のものが普通です。上記にてご紹介させていただいているお品はご覧の通り、長い間保管されていたような非常に良い保存状態です。