· 

307. シルバープレート/ネオクラシカル・リボンハンドルのボウル&スプーンセット

307. シルバープレート/ネオクラシカル・ハンドル付きのボウル&スプーンセット

 

そのデザインからフランス製の1800年代後半~1900年代初頭のお品ではないかと推測していますが、詳しいメーカーなどは不明です。一般的なボンボンディッシュよりは少し大きく、また深さのある実用的なボウルです。マカロン、苺やさくらんぼやお菓子用のソースなど、幅広くお使いいただけることと思います。セットのスプーンは、小さなお菓子や果物をサーヴできるようになっていますし、またボウルにピアス加工が施されていますので、果物に粉砂糖をふりかけるシュガーシフタ―としてもお使いいただける万能なお品です。

 

ボウルには両側にハンドルが付いており、交差した松明と(松明はギリシャ神話に登場する愛神エロスや女神ヘカテ―の象徴でもあり、また松明は月の象徴とも言われています)矢筒がネオクラシカルなリボンで結ばれています。

 

スプーンのハンドルには長めのリボンにさげられたフラワーバスケットのロマンティックなレリーフが施され、非常に繊細で素敵です。表側だけでなく、裏側にも同じ装飾が施されているのが贅沢ですね。スプーンのボール部分が、ほんの少しですがやや黄みを帯びていることから、以前はゴールド色だったのかなと想像します。今は厳かな輝きを放って落ち着いた美しさを醸し出しています。

 

<コンディション>

スプーン、ボウルともに凹みや歪みがなく、目立つ傷も無いとても良いコンディションです。ボウルのみ、かなり目の近くに持ってきてしっかり観察すると、表面のシルバーが少し擦れているのがわかります。シルバーが擦れている部分は真鍮のような色味です。装飾の凹凸の凸の先の部分や底の内側の円周、外側の底に少し見られます。お写真でご確認ください。最後のお写真はハンドル部分の擦れがわかるように拡大していますが、通常使用される距離で肉眼で見るとわからない程度ですので、お気にならないかと思います。

 

スプーン:全長約13cm、ボール部分直径4cm、ボール部分深さ1cm 

ボウル:直径11.5、内径9.5cm、ハンドルを含めた最大幅:15cm、高さ約5cm

 

お値段は、ボウルとスプーンのセットで送料込みの金額です。

¥0

  • 在庫切れ