· 

297. スターリングシルバー/スクロール紋様のキャディスプーン(英1848年頃)

297. スターリングシルバー/スクロール紋様のキャディスプーン(英1848年頃)

 

スカロップの縁がしっかりついた優雅なシェルシェイプのボールに、美しいスクロール紋様のレリーフが施された純銀(950/1000)のキャディスプーンです。美しく楽しく紅茶を淹れるための、茶葉を測りながらすくう銀の匙。

 

ハンドルの部分は、人差し指と親指に気持ち良い程フィットする仕上げりの良いお品で、滑らかな曲線や均整のよくとれた厚み、綺麗なバランス、銀の艶を見てもクオリティの高いお品だということが伺えます。アンティークのティーキャディスプーンは色々出回っているものの、デザインもコンディションも良いものはなかなか無いので、久しぶりのキャディスプーンの買い付けです。

 

<コンディション>

 

ヴィクトリア時代半ば(むしろ前半)のお品でとても古いものですが、驚くほど綺麗で良いコンディションです。

小傷も少なく目立つものは皆無ですし、凹みや歪みもありません。

気の遠くなるような長い年月の間、大切にされてきたことでしょう。上品に輝く銀もまた綺麗です。

 

メーカーは、英国シェフィールドのAaron Hadfield、1848年頃のお品です。

全長:8cm、最大幅:4cm(標準的なキャディスプーンのサイズです)

¥0

  • 在庫切れ