· 

264. フランス製の純銀ハンドル27cmナイフ/サーバー/スライス(仏1890年頃)

264. フランス製の純銀ハンドルナイフ27cm/サーバー/スライス(仏1890年頃)

 

落ち着いたゴールドの色調に、優美な植物やスクロール紋様が透かし彫り細工された美しいデザートナイフ、またはフィッシュスライスです。ケーキの切り分けなどにお使いいただくのにおすすめです。ため息が出るほど美しく、また優雅な気持ちにさせてくれるシルバーウェアですね。

 

ハンドルには純度950/1000を意味するミネルヴァ・ファーストの刻印があり、その高級感はしっかりあるもののハンドルのレリーフはエレガントながらスッキリしていて嫌味がありません。全体的に、しっかりしたサイズと重さがあり、重厚感があります。刃の部分はゴールド色ですがシルバーではない金属で、刻印されたマーク(L/C)から、メーカーはおそらくフランスのLouis Coignet (1889-1893)ではないかと推測しています。

 

100年以上前のお品ですので、手作りの風味があります。ただ古いもの故、全体的に子傷があります。またナイフの先はきちんと尖っていますが、その両面1㎝幅ぐらいが細かく浅く凸凹しています。あまり目立つものではありませんが、最後のお写真で拡大の上、ご確認ください。この部分や全体的な子傷を考慮して、難有価格として設定いたしました。

 

長さ27cm、最大幅4.5cm

¥42,000

¥29,000

  • 在庫切れ