· 

243. ピンク&フローラル23cmプレート(英1800年代)

243. ピンク&フローラル23cmプレート(英1800年代)

 

直径約23cm(22.75cm)、ヴィクトリア時代の英国製のお品と思われますが窯元は不明です。ウェストヘッド&ムーア、コープランド/スポード、クラウンスタッフォードシャーあたりではないかなと思っています。

 

ピンク色の発色が鮮やかで綺麗です。縁は金彩、その内側はアイボリー地に黄土色の装飾、そしてピンク、内側には手彩色でローズの輪が彩られています。癒しと元気を与えてくれる効果があるピンク、このお皿を拝見してそう思いました。テーブルも華やかにしてくれますね。

 

欠け、ひび、貫入の無いとても良いコンディションです。僅かにピンクの部分に擦れ、極小さい黒点、僅かな金彩の擦れがありますが、どれも気にならない程度です。下のお写真でもご確認ください。

 

実はこのお皿は4枚仕入れたのですが、貫入が無いお皿はこの1枚のみでした。他は微細な貫入に覆われています。もしこのお皿(14000円)をお買い上げの上、貫入のある同皿もお求めの場合は、追加1枚につき4900円(貫入に覆われたお皿1枚あたりのお値段)にて販売させていただきますので、メールにてお問い合わせいただければ、お写真をお送りさせていただきます。

¥14,000

¥9,800

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-2週間

このお皿を242. エインズレイ/サーモンピンクとスクロール紋様ティーカップ(英1900年代半ば)と合わせますと、下のお写真の通りになります。同じピンク同士でも、ティーカップはサーモンピンク寄り、プレートはローズピンク寄りなので色味が違いますが、落ち着きと華やかさのバランスが良いなと思いました。