· 

239. ミントン/ニューキャッスル・エンボスメント青エナメル彩24cm皿(英1840年頃)

239. ミントン/ニューキャッスル・エンボスメント青エナメル彩24cmプレート(英1840年頃)

 

ヴィクトリア時代前期~半ばの英国の名窯ミントンのニューキャッスルシェイプの作品です。格子以外の部分が透かし彫りされ、格子がターコイズブルーやルビー色のエナメル彩のみで彩色されたものもありますが、今回のお品は透かし彫りは施されていない「エンボスメント」というタイプで、格子にはエンボスが施されて凸凹した立体的な装飾になっています。2本の金彩の中心にロイヤル・ブルーのエナメル彩が施された私も初めて拝見する色です。(ブルーの部分が緑色のものはミントン専門書で拝見したことがあります。)

 

3つの窓絵には、色とりどりの花が繊細に丁寧に描かれています。窓絵周りの装飾も立体的で非常に綺麗ですね。内側の花のブーケは、バランス的に薄い部分がありますが、その部分には白の塗料で花が描かれています(写真では見にくいです。申し訳ありません)。

 

欠け、ひび、貫入の無い良い保存状態です。約160年前のお品ですので、それなりに表面や画柄にスクラッチ傷や擦れはありますが、目立つ傷はありません。中心の絵はもとから薄いめなのか、擦れなど少し薄くなったのか、若干全体的に淡い気がします。お写真でご確認ください。格子の部分は、お皿の中心円の段になっている部分に金やエナメルの細かい擦れがありますが、目立って消えている部分などはありません。お写真をご拡大の上、ご確認ください。

 

直径約24cm(23.8cm程度)、エンボスで格子装飾に立体感があるので、立てて飾られるとキラキラと反射して美しいです。

非常にレアなお品で、在庫は1枚のみです。

¥49,000

  • 在庫切れ