· 

214. ウェリントン/リボンとローズのトリオ(英1910年頃)

214. ウェリントン/リボンとローズのトリオ(英1910年頃)Wellington Ribbon Trio

 

ウェリントン(J.H.COPE & CO. (LTD.))という窯は、イギリスのスタッフォードシャーで1887年から1947年まで創業したボーンチャイナのメーカーです。

 

こちらのトリオに刻印されたバックスタンプは、同窯によって1906年以降から使用されたものですが、この可愛いリボン柄や花咲くようなスカロップのシェイプは、18世紀のロココ文化の影響を受けたエドワーディアンらしい特徴がよく出ていることから、1906年~1915年ぐらいまでの作品と見受けられます。

 

下絵の線はプリントですが、リボンやローズ、そしてローズの葉は透明感のあるエナメルでハンドペイントで装飾されています。

縁の金彩はリモージュのスポンジ技法のように装飾されていますが、これは金が薄れても目立ちにくいという利点があります。

 

~コンディション~

 

欠け、ひび、貫入の無い非常に良いコンディションです。

製造時にできた塗料の飛びがところどころにありますので、全体をお写真でご確認ください。著しいのは、カップの裏側(ハンドルを右に持った場合、外側で反対側の面)にあります。下のお写真2枚目でご確認ください。

 

縁の金彩が少し薄れているところがありますが、全体的に95%以上綺麗に残っていると言えます。こちらも全体のお写真でご確認くださいね。

お皿に極小さい茶点がありますが、こちらは製造時にできたファイヤリングマークだと思います。目立つものではありませんが、下のお写真1枚目でご確認ください。

 

同トリオは過去に2度買い付けたことがありますが、どちらも即売でした。

可愛いリボン柄と花のようなシェイプはとても人気です。

 

サイズは紅茶に丁度良いティーカップサイズです。

カップ:直径8.5cm、高さ7cm、ソウサー:14.5cm、プレート:18cm

¥33,000

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-2週間