ヒロリッチ英国田舎プライベートツアー2016年 7月編

この旅のゲスト様は、もう数年のおつきあいになるアンティークのお客様とそのお嬢様。上の写真はコッツォルズ編の一部です。

コッツォルズ2日間+デヴォン5日間の旅でした。写真は、デヴォン初日の一部。

 

 

デヴォン二日目。

 

この日は、ローカルをとことん楽しんでいただく日。朝から大自然の中で苺摘み。後にメアリーローズおばさんちへお茶をいただきにいく際は、その苺もおすそ分けに持っていきました。

 

午後は昔ながらの茅葺屋根のティールームへ。本場クリームティーの美味しさはやっぱり大きな感動!帰り道では400年に渡って運営されるチーズ工場で夕食用に色んなチーズをお買い物。

 

寄り道した小さな教会ではちょうどウエディングの準備中で、パイプオルガンの演奏を聴きながら、素敵なお花のアレンジを見学させていただきました。

 

夜はリッチのお父さんも招待して我が家のウッドデッキでささやかなバーベキューパーティーを。苺もチーズ達も、夕食後に楽しんでいただきました。サラダのお花も食用です!

 

この日召し上がっていただいたものは、我が家やローカルで収穫した有機野菜やローカル産のお肉。イギリスってこんなに美味しいんだって、ヒロリッチツアーでは驚いてもらえるのが嬉しいところ。

デヴォン3日目

 

マナーハウスの邸宅やお庭、写真には写っていませんが、ダイアナ姫とチャールズ皇太子が結婚式で使用したロイヤルファミリーの黄金の馬車をご見学いただきました。

 

ランチは少し遠出して、隠れ家のような水車小屋のあるティールームで。幸運を運んでくる鳥、ロビンがテーブルに遊びに来てくれたんですよ。

 

午後は青い大西洋を望みながら海岸線を少し散歩をして、夕方はご招待いただいたパメラおばさんちへお茶をいただきに。あたたかいおもてなしを受けて、ゲスト様にも喜んでいただけました☆

 

写真は、マナーハウスのお屋敷内です。

これはチチェスター家のマホガニーのティーポイ。

 

一見小さなテーブル、でも鍵を開けてトップを上げると、茶葉を大切に保管するティーキャディや、ミキシングボールが内蔵されているのです。

 

以前ブログでメアリーローズおばさんちの、小さなティーポイをご紹介しましたが、こちらは円形でティーキャディとミキシングボール(全部オリジナル!)がそれぞれ3つずつ。

 

 

1800年代初頭のものですが、まるで今仕上がったばかりのような美しさ。

翌日はエクセター大聖堂を見学…のつもりが、ゲスト様達と色んな衣装を試着!写真はビショップ様の衣装です。

 

デヴォンの州都エクセターの中心にある、美しいこの大聖堂のヴォールト(天井)は中世に造られた一続きのものとしては世界一長いもの。一歩入った途端、息を呑む壮大さです。

 

ここでのオーケストラ・コンサートは最高ですよ。パイプオルガンの音色も、心を震わせます。コンサートは年に数回ですが、ツアーの日程と都合があえば、プランに含めています。

最後は、食べ物の写真。旅の間で、何度も何度も言ってもらえた「イギリスでの料理って本当に美味しい!」薔薇も素敵な建物も良いですが、やっぱり食も満足していただかないと!楽しんでいただけて、私達もとても嬉しかったです。

 

ひとつ前のブログへ