2度目の結婚記念日 木の葉に宿る陽の光

皆さん、こんにちは!

 

先々週の6月18日、私とリッチは2度目の結婚記念日を迎えました。

 

去年はコッツウォルズを旅しながら、500年前の建物をリノベートしたレストランのディナーでお祝いをしましたが(そのときのブログはここ)、 今年は9ヶ月のベビーオリ坊と一緒のため、遠出やポッシュなレストランは避けて、

 

このデヴォンの自然を満喫しながら、秘密にしたいとっておきのティールームでの素敵なランチでお祝いすることとしました。私の大好きな「ハートランド」と呼ばれる半島で…。

あれからもう2年。

 

配偶者ビザを取得してイングランドに引っ越し、家を購入し自分達で改造して、長男を授かり、出産、そして育児。初めての里帰り、そして次は永久ビザを取得するための準備。

 

長いようで早かったこの2年。

この間に二人で一緒に経験してきたことは、私たちの絆をもっと深くしてくれたかな…。結婚したときよりも、今はさらに彼を大切に思います。

 

記念日のお祝い。

 

「どこか今まで行ったことのないところ、ヒロマィの好きそうなところに行こう」、とリッチが提案してくれて、北へ車で約1時間。

 

「もうこのへんにあるはずなんだけど…」と地図を見ては、行っては来たり。海岸線近いのか潮風…。

あたりいっぺんは草原と森に囲まれていて、とても建物なんて見えません。

やっと見つけた小さな看板と駐車場への入り口。

 

車を降りてこの小さな運河沿いに歩いていきます。

 

朝から降っていた雨がやんで、木々からときどき雫が落ちてきます。

うん、すごーいマイナスイオン!

気持ちいいなぁ。

あ、ライオン!

 

苔に覆われたとても古い2対の石造…。

 

小鳥のさえずりと雫が落ちる音。大自然の中にいるような感覚だけど、落ち着いてあたりを見回すと、すべての植物達は計算されて植えられたかのように、どこか秩序があるのです。

 

まるで、とても大きな庭に迷い込んでしまったような不思議な感覚…。

 

ここ、私たちが2周年記念のお祝いとしてやってきたのは、「ドクトン・ミル&ガーデン」。

ミルというのは「碾き臼」。大きな水車のようなものも含めてそう呼ばれるのですが、ここには約1000年以上前に造られたミルがあるのです。

 

そしてこのミルハウス内のティールームではローカルフードを使用したホームメイドのランチやプディングが人気らしいのです♥

 

この地図の赤い部分が、イングランドのデヴォン州。

英国内でも一番温暖でマイルドな気候、南の海岸側はイギリスのリヴィエラと呼ばれ夏の休暇を過ごすのにとても人気の場所です。

 

私たちの家がある小さな村はこのデヴォンのちょうど中心ぐらい。

 

そして黄色い矢印でマークされているデヴォン州左上(北西)の小さな出っ張りは、「ハートランド半島」と呼ばれています。デヴォンに住むイギリス人さえあまり訪れる機会がないような場所ですが、なかなか穴場が多く、ワイルドな自然が魅力的で私とリッチのお気に入りのエリアなんですよ。^^

しばし歩いていくと、古い石造りの階段が見えてきました。水の流れる音が心地よく、その先では大きな水車が回るような音が聞こえてきます。

 

ひとつ小さな小屋があったと思ったら、その向こうに3つぐらい連なった建物が(下の写真)。ここがキッチン&ティールームになってるんですね。

 

おなかをすかせた私たちは、早速ティールームに入ってウェイトレスさんに挨拶!


 

庭や建物がよく見えるテラスの席につきました。

 

オリ坊も、小鳥達の歌に耳を傾けています。

 

あ!隣の席の椅子にロビン(イギリスの皆から愛されている可愛い小鳥です)が遊びに来てくれました!( ´艸`)

 

見えるかな?椅子の背もたれの上にいます。

 

フレンドリーな小鳥達が、私たちのまわりにしばしば遊びに来てくれて、オリ坊は大喜び☆

 

ちょっと遅めのランチ、まずは「庭の朝摘み薔薇入り・ハーブティー」で乾杯。Happy 2nd Annivarsary!

 

スターターには、ここのガーデンで収獲された野菜たちを煮込んだポタージュスープ。

 

地元のベーカリーが朝配達してくれた全粒紛のパンに、また地元の農家が作っているチェダーチーズをはさんだサンドイッチ。

 

これに使われてる野菜も、キッチン前にあるハーブ畑でオーダーがあってから摘んでくれたそうです。

 

そしてメインディッシュ、新鮮なローカルシーフード盛り合わせ+サラダ。

 

ホームメイドのスモークサーモンがすごく美味しくて、リッチも「Beautiful!」(見事だという意味)とすごい笑顔!

 

新鮮なカニ味噌に私は日本酒が欲しくなりました。飲めないのに。

 

プリプリした海老たちやスモークしたサバも美味しいこと!

ベーカリーのパンもモチモチしてて幸せ~…(*˘︶˘*)ウーン。

食後のプディングには、私たち二人の好きなキャロットケーキを半分こしました。

これももちろんホームメイドです☆

 

ちなみにここのクリームティーは、北デヴォンのベストクリームティー賞を受賞したのですよー!(クリームティー=紅茶、スコーン、クロテッドクリーム&ジャムのセット)

 

あとから続々来られたお客さんたちは、このクリームティーをオーダーされていました。 ホームメイドのスコーン、もちろんデヴォン産のクロテッドクリーム。

 

今度はぜひこのクリームティーをトライしに、また来たいな♥

さぁ、ガーデンを散歩しましょう♪

 

英国の、そう「イングリッシュ・ガーデン」はとても広いのです。

案内用の地図があるぐらい。

 

大体どこも大人一人約600円~1000円ぐらいの入場料を支払います。

それが美しいお庭の維持費になるらしいです。

 

さぁここは男の出番!どこから歩き出せばいいのかな?( ´艸`)

 

地図を見て頭をかくリッチ。実は彼、かなりの方向オンチなのです。

 

私は過去の仕事柄、ダートムーアの広い荒野でも等高線までしっかり読んで、的確に早く目的地に到達することができるほど得意なのですが、そんな私に任せず「リッチガ スル!オリちゃん、ママ、パパニ ツイテキマス。」と強がって頑張ってる、彼の写真↓

 

道、ひとつしかないのに…

( ´艸`)

 

さぁこれがずーーーーーーっと昔につくられたミル。ノルマン征服より前に造られたと考えられてるらしいです。てことはー…千年以上前。

 

駐車場のあたりから流れていた小さな運河はここにつながり、そして谷間を1km旅しながら他の小川たちと合流した後、高さ15mの滝となって崖から海に落ちていきます。

 

ここは南デヴォンより少し寒いようで、残念ながらほとんどの薔薇はちょうど満開になる前の蕾が多かったように思います。

 

でも緑がすごく綺麗で、空気が美味しくて…あぁ、気持ちがいいなぁって心から思いました。

 

曇り空からのぞく太陽が、葉についた雫たちに光を宿してキラキラと輝きます。

 

それがとても綺麗なのでオリのことを日本語名で「一葉」、と呼んでみました。リッチが「one tooth」(一歯)と英語で言ったのを軽く無視しながら…。 確かに歯が生えてきたけれども!!

紅一点の薔薇、色だけでなく芳しい香までもまわりの空気を華やかにしているようです。

 

イングリッシュガーデンを堪能したあとは、ウェイトレスさんに方向を教えてもらって海岸線まで歩くことにしました。

 

牧場を横切って、ワイルドな自然道を歩いていきます。

森を越えると、強い潮風がざぁっと吹き、オリ坊が驚いて笑いました。

 

いつもデヴォンの海岸線に来ると、まるで世界の果てに来たような気になります。

そこは人の気配なんてまったくない、自然そのままの姿だから。

 

これがあのミルハウスからつながっている川の滝、"Spekes Mill Mouth"。

 

ドラマティック…こういう絶景地にラグを敷いて、ひとつのブランケットを二人で肩までかぶり、シャンパンを飲みながら夕焼けを見るようなデートが私は大好きです。^^そんなのをかなえてくれるリッチと結婚できたことをとても嬉しく思います…。

 

次は「ローズムーア」という名のイングリッシュ・ガーデン。

こちらは薔薇もたわわに花を咲かせてまさに花園!いい香りに包まれて夢心地。

そしてお互いにメッセージを添えたカードをプレゼントしました。

前の左側のは私から。後ろに並んでるのは、リッチのファミリー達からです。

 

 

右側のハートのカードはリッチから、中には

 

To my beautiful wife,

Thanks for everything you do. 

Each day we spend together makes me cherish even more my love for you and the life we live together.

Love you always

 

と書かれていました。「いつもありがとう。一緒に過ごす日々が僕の君への愛とそして共に過ごす人生をより大切なものにしていく。」というような意味です。嬉しいな…♡

 

そして記念のプレゼント!去年はル・クルーゼのヴィンテージのお鍋を買ってもらったのですが、今年は1930年代につくられた英国パラゴン社製のフォーチューン・テリング・カップ&ソーサー、とてもレアなアプリコット色をリッチが買ってくれました。( ´艸`)

 

英国には素晴らしいアンティークの陶磁器がそれはもうたくさんあるのですが、私は特にこのティーセットが大好きなんです。なかなか手にはいりにくいものですが、前から大切に黄色のカップ&ソーサーを1客持っていて、今回色違いをプレゼントしてもらったわけです。すごく嬉しい。。

 

中には紅茶占いができるタロットのような模様が描かれていて、とても魅力的なんですよ。

…で、さらにさらにー…!輪をかけて嬉しいことに、このティーセットを購入するときにお店の方が「実はこれのプレートもあるの。ヒビがあるから売り物にしてなかったんだけど、おまけでつけてあげるわね。私からのプレゼントよ。」…と!

 

このシリーズにプレートがあったなんて!すごーーーい!今まで見たことがありません。

しかもプレートの中にもカップと同様に絵が描かれているじゃないですか!リッチも「これはすごい希少価値だなぁ」って驚いていたのですが、とにかく私はこのトリオの可愛さにノックアウトです。^^


こちらが黄色のほうです。

 

色も形も大好きです!あまりにも喜んでいたので、これから毎年記念日にこのシリーズを集めていこうかとリッチが言ってくれました。^^

ちなみにリッチが持ってるフォーチューンテリングカップは、J&G MEAKIN社のもの。アール・デコらしいカップの形が素敵なティーセットです。

 

夕食では、フランスにいるリッチのおじいちゃん&おばあちゃんから結婚のプレゼントにいただいたワイングラスにロゼを注いで乾杯をしました。Ding ding!

 

おわり☆

 

追伸。先日このサイトのmixiページで、普段オリと一緒に家で過ごすときに聞けるような日本の曲をお尋ねしたところ、皆さんからおすすめの曲をたくさん教えていただきました。ありがとうございます!

 

色んなタイプの曲を聴かせてあげたいので、どれもBGMとして大活躍してます!日本のいまどきの曲、全然わからないのでとても助かりました。

 

音楽の話になったのでご紹介させていただきこうと思うのですが、私の一番好きな音楽、Sigur Rósという北欧、アイスランドのバンドです。

この下の曲は、リッチに恋してから結婚するまでの1年半の間(ちょうどこのブログの遠距離のあたりとか特に)一番聴いてた思い出の曲。長いけど…最後のほうの子供たちの天使のような声と弦楽器の音が重なり合うところがとても好きです。

 

「ヒロマィの好きな曲は全部悲しい感じがする。」といって音楽の趣味が合わないリッチですが(彼は「あなたいったい何歳なの!?」と言いたくなるような古いカントリーロックなシンガー達が好きです。)、この記念日に「いつかSigur Rósのライブを聴きに、レイキャビク(アイスランドの首都)に行きたい。」と言ったら、「いいよ、いつか二人で行こう。」と言ってくれました。

 

おわり。

コメントをお書きください

コメント: 13
  • #1

    リョコ (土曜日, 30 6月 2012 23:37)

    結婚2周年、おめでとうございます。
    とても幸せで順調な日々ですね。
    2周年にもうあんなにかわいいオリちゃんがいてくれるなんて恵まれていますね。

    それにしてもすべてが素敵な風景ですね。
    絵葉書か映画の世界のように思えてしまいます。
    これが日常であるヒロマィさん。
    どんななのかしらって思います。
    素敵な場所でおいしいお料理、そしてプレゼント。
    いい旦那さんを見つけましたねー。

    そして毎回すごいなーと思うのが、旦那様の日本語力。
    そんなに日本にいたわけではないのに、すごいマスターしてますよね??
    すごいなぁーー。
    ヒロマィさんのご実家で過ごしたときにこれだけの日本語を身につけたわけですよね。
    そして今もきちんと話せるのはすごい!
    家庭内で今でも少し日本語は登場するのですか??
    オリちゃんもきっとぺらぺらになっちゃうんだろうなー。

    日本は蒸し暑くなってきました。。。

    3年目も素敵な毎日になりますように☆

  • #2

    ちらこ (日曜日, 01 7月 2012 02:27)

    いつもヒロマィさんのブログは大好きですが今回のブログはわたしが大好きなものがめいっぱいつまった内容で読んでいてすごくその世界にひきこまれました~。。。
    これから寝ますがベッドの中で思い出して幸せな気持ちで眠りにつけそうです!


    日本で本屋さんに売っているイギリスの本はほとんどがロンドンとコッツウォルズ地方などがメインでヒロマィさんが紹介してくれるデヴォンのことがメインで書かれた本ってみたことないのですが、こんなにきれいなところが沢山あるのにみんながあまり知らないのがすごくもったいないような気がします。
    わたしはヒロマィさんと知り合えて初めてデヴォンについて知ることができたのですごく嬉しいのですが(^^*)

    こんなに素敵な場所での結婚2周年記念のお祝いができるなんて夢のようですね~。

    あらためて結婚2周年、おめでとうございます!!


    毎年1つずつ増えるコレクションっていいですね!我が家もそのアイディア頂いていいでしょうか~??笑

  • #3

    ピアニカ (日曜日, 01 7月 2012 15:59)

    Sigur Rosの曲にのせて(聴きながら書いています…)

    ヒロマィさん&リッチさん
    結婚2周年おめでとうございます。

    ブログの素朴でいながら深い奥行きを感じる写真と音楽。
    そんな風にお二人も思いやりながら過ごしてきたのでしょうね。
    オリくんと3人になった記念日は、溢れんばかりの幸せが
    こちらにも伝わってきました(*^^*)

    ドクトン・ミル&ガーデン
    歴史を感じる素敵な場所ですね。
    時間を忘れて歩いてみたいなぁ、深い緑と澄んだ空気の中を。

    プレゼントのカップ&ソーサーのアプリッコト色は
    本当に素敵な色合いですね。
    白の浮き立った模様(?)も上品だし、
    中の模様も可愛らしい!
    ずうっと眺めていても飽きないですよね。
    このカップでお茶は至福のひと時になりそう(^-^)


    Sigur Rosの曲は北欧の雰囲気たっぷりで、
    ソロの声と弦楽器がどこか懐かしいような、そんな気持ちになりました。
    日本で流行りの曲のオリくんに聴かせてあげるのもステキ。
    そしてそれ以上に、リッチさんやヒロマィさんの大好きな曲を聴かせてあげるのも素敵ではないかしら…と思います(*^^*)
    いつかオリくんが歌ってくれたら嬉しいね。

    辛いことも苦しいこともヒロマィさんの魔法で
    幸せに変えてくださいね。これからもずっと(*^^*)

    素敵ではないかしら…








  • #4

    ピアニカ (日曜日, 01 7月 2012 16:30)

    ごめんなさい。最後の一行は消し忘れてしまいました(^^;;

  • #5

    plumeria (日曜日, 01 7月 2012)

    結婚2周年、おめでとうございます。
    いつも楽しそうにしているヒロマィさんの日記ですが、異国の地での結婚生活、いろいろご苦労もあったかと思います。
    でも、リッチさんとかわいいオリ君といっしょならこれからもきっと大丈夫! また楽しい1年をお過ごしになって3周年もみんな元気に迎えてくださいねw ちなみに我が家は今年9月で10周年www

  • #6

    ヒロマィ&リッチ (火曜日, 03 7月 2012 06:22)

    リョコさん

    ありがとうございます!
    リッチと出会ってからは本当に恋のジェットコースターから人生のジェットコースターへとビューン!!という感じであっというまに2年、でもまだ2年なんだ、とも感じる不思議な感覚です。

    ビザ取ってイギリスに住み出したら早く子供欲しいねぇと二人で言ってて、すぐできたので本当にラッキーだと思います!大事にしないとなぁ…今日はオリは少し風邪をひいたみたいですごい鼻水出てました。><

    オリには英語は大丈夫でしょうけれど日本語もペラペラになってほしいので、家での第一言語は日本語と私が強制的に設定して以来、リッチも思い出しながら頑張って練習してくれてるんです。^^

    でも日本の田舎にいるときは、近所のおばさんたちが話し相手だったので、すごい田舎のおばさんのしゃべり方&イントネーションなんですよー!( ´艸`) 聞くと皆笑います。。フフフ

    これが日常…ときどきね、まわりの景色を見てふと不思議な気持ちになるんです。私イギリスにいるんだって。^^

    リョコさんもこれから夏バテなどしないよう、体調にはくれぐれもお気をつけて楽しい夏をお過ごしくださいね。

  • #7

    ヒロマィ&リッチ (火曜日, 03 7月 2012 06:28)

    ちらこさん

    こんにちはー!ありがとうございます。^^

    ちらこさんちも記念日のたびにコレクションを増やしていくアイデア採用してくださるんですか?何をプレゼントしてもらうかまた教えてくださいね~!( ´艸`)

    あとね、クリスマスツリーのオーナメントも毎年一つずついいのを足していくんですよ☆最初にベーシックな丸いのと☆だけ買って、あとは毎年お店でその年見つけた一番お気に入りのを買っていくんです。50年後を想像してみてください!!(瞳キラキラ)

    ちらこさんは可愛い建物も自然がいっぱいなのも好きでいらっしゃるからイングランドの田舎はピッタリかもしれませんね。^^そんなふうにおっしゃっていただけると、ブログも書き甲斐あって嬉しいです!ありがとうございます。^^

  • #8

    ヒロマィ&リッチ (火曜日, 03 7月 2012 06:38)

    ピアニカさん

    こんにちは。ありがとうございます!

    ここのコメントって、消去とか編集ができないから不便ですよね。><でもお気になさらないでくださいね。
    私もメールでよくやってしまいます、編集したあと1行残ってて最後に隠れてた…ていう。。

    私たちの好きな曲もどんどんオリに聴かせる…うん、そうしてみよう!って思いました。なんてったって音楽のエキスパート、ピアニカさんのご意見だし☆ オリがこのアイスランド語の歌をうたってくれたら嬉しいなぁ。

    そうなんです、このカップ&ソーサーの白の浮き立った花のようなフルーツのような模様が私も大好きなんです。陶器とは思えないようなモコモコ感があって可愛いし!

    淡いパステルカラーにゴールドの組み合わせって品もあって可愛さもあって素敵ですよね。^^

    こっちのファミリーはオリをみててあげるから二人でどこかへ行ってこればと勧めてくれたのですが、やっぱり3人一緒がいいねと思ったんです。^^その判断は正解でとても幸せな一日を送れました。

    素朴で奥深いってとても素敵な形容詞ですね。ピアニカさん、ありがとうございます。^^

  • #9

    ヒロマィ&リッチ (火曜日, 03 7月 2012 06:41)

    Plumeriaさん

    こんにちはー!ありがとうございます☆

    9月で10周年!!スイートテンダイヤモンドじゃないですか!
    わぁーすごいなぁ、大先輩…。
    9月ってね、私すごく好きなんですよ。^^
    自分の誕生日だから…ではなくて、夕暮れ時に西風が吹くんですよね。それが夏の終わりのせつなさを運んできて胸がキューンとなるんです。
    で、日暮がなく。。

    あーでもこれから日本は夏真っ盛りになるんですよね。いいなぁー!
    こっちは6月が一番夏という感じらしいです。><

  • #10

    ayaka (水曜日, 04 7月 2012 00:51)

    2回目の結婚記念日、おめでとうございます(๑• . •๑)♡”

    異国の地での生活に、初めての子育てなど、いろいろ私には想像できないような苦労もあるのだと思いますが、
    それでもヒロマィさんの持ち前の明るさやポジティブさで、着々と幸せな人生を進んでおられるのを見ていると、
    「すごいな~」と、ただただ関心してしまいます☆

    これからも、リッチさんやfamilyの方々に益々愛されて、
    かわいいオリ君と幸せな毎日を送ってくださいね(*˘︶˘*)……

  • #11

    なお (水曜日, 18 7月 2012 22:59)

    少し見ない間に、オリ君大きくなりましたね♪子供の1か月の成長は早いのに驚きました☆
    さてさて。結婚2周年おめでとうございます。なんとも素敵なお写真にうらやましい限り。私たちの2周年は一体何をやっていたか?すら思い出せません。。。

    車を持っていない私たちは、頼るべきは足のみで、このような美しい景色・お店に行かれないのがもどかしいです。
    お2人主催のツアーに参加しようかしら?
    あれ?良い人限定って書いてあったから、条件クリアが厳しかったりして。

    これからも、末永く幸せな毎日を過ごせますよう、心からお祈りしています。

    なお

  • #12

    ヒロマィ&リッチ (日曜日, 22 7月 2012 15:26)

    ayakaさん

    こんにちはー!いや~それが全然苦労してないんですよー、本当に!何もかも楽しんでるという感じで…住めば都?ってことかなぁ。でもayakaさん、いつもそうやって思いやってくださって優しいですね。^^ありがとうございます!

    最後の顔文字が可愛いから、コピーしていただいてしまいました!(*˘︶˘*)

  • #13

    ヒロマィ&リッチ (日曜日, 22 7月 2012 15:31)

    なおさん 

    こんにちはー!なにをおっしゃいますか!なおさんご夫妻ならば歓迎ですとも。でもそうですねー、車がないとなかなかこういうマイナーなところは行けないですが、エクセターのコーチステーションから出てるバスは£7ぐらいで1day tripのチケットが買えますよ☆

    お二人で毎週末、近郊の町へお出かけされるのはどうですか?今日とか天気のいい日は南のトーキーとかエックスマスとか海沿いの街がおすすめですよーー!