オリ坊、飛行機に乗る <里帰り帰国 旅路編>

皆さん、こんにちは!

イングランドにお嫁に来て以来、初めての里帰り帰国。

昨年9月に生まれたオリ坊を私の家族に会わせるため、リッチと3人で大冒険!

 

今回のブログはその第1章として、旅の道中のことを綴った日記です。 

オリ坊6ヶ月、飛行機・電車・空港リムジンバスに乗る!

 

さて、上の写真をご覧ください。

 

ベビーカーをひきながら、いったい私とリッチ二人でこの荷物どうやって運んだのでしょう…。

 

もう私すらわかりません。

 

大体、一番右のチャイルドカーシート!

これこそ旅のハプニング、 計画外に増えてしまった重い荷物です(`×´) !

3/24土曜日の午後、リッチが仕事から帰るなりデヴォンの家を車で出発。そしてロンドンとうちの丁度、中間にあたるコッツォルズ地方のリッチママの家へ。

 

リッチママのチキンキャセロールとマッシュポテトを夕ご飯にご馳走になるやいなや、少しでも眠れるようにと3人で仮眠。

 

そして深夜2時出発でリッチママ&旦那さんのクリスがロンドン・ヒースロー空港まで車で送ってくれました。 車の中での夜食はシナモンたっぷりのホットクロスバンズ。

2時間後到着!ターミナルの玄関前にピタッと車をつけてくれたのですが、駐車できないところだったので、どさどさどさーっと荷物をトローリーに降ろし、リッチママ達は急いで私たちに「楽しんできて!」とハグやキスをして「バァ~イ!」と去っていきました。  

 

さぁ行こうか!と私たちもチェックインにむかう、むか…え?オリ坊がチャイルドシートに乗ってる…。もしや、シートごと、降ろされた …?

 

これ、持っていくの!?どこかコインロッカー…いやもう時間に余裕はない!

とにかくチェックインに行こう! ( °o°)Oh Noooooo!!!

ベビー連れということでビジネスクラスのチェックインに案内してもらったのですが、そこのグランドスタッフの方に相談すると、内線で搭乗口のスタッフの方達にカーシートを機内に持って入れるようお願いしてくれました。

 

飛行機は何度となく乗っていますが、チャイルドシート付きの席は初めて見ました(〃'ω')。これはロンドン→ローマへの便。

 

ローマから大阪までの大きな飛行機では満席で置き場所がなく、キャビンアテンダントさん達の部屋に預かってもらうことになり…もう迷惑かけっぱなしのカーシートスキャンダル!

でも行く先々で何かと役に立ってるチャイルドシート。

 

ローマでの乗り換え5時間待ちの間も、オリはこれに入って2時間ほど寝ててくれました。

 

その間にイタリアンB級グルメ?を楽しむ私たち。ピザ生地の美味しいこと♥ さすが本場だねぇとリッチも私もニコニコさん!

 

左下のは、全粒紛でできたクラッカーのような器に入ったモッツレラチーズたっぷりのサラダ。 その上のは揚げたトマトやチーズのカリッとしたコロッケみたいな…名前を二人で一生懸命思い出そうとしてるのですが全く思い出せません。 (・x・ ).o0

 

 右上は濃厚で最高に美味しかったジェラート♥ 

70%カカオのチョコレートxシナモン、そして下のはラズベリージェラートです!

オリ坊の口のまわりについてるのはジェラートではなくて、オーガニック野菜のピューレ離乳食ですよ( ´艸`)。

 

100ml以上の液体物って飛行機内は持ち込み禁止だけど、離乳食はOKなんですね。でも密封(パウチ商品)なのに、ヒースロー空港では安全なものか確認するため、舐めてみてくださいと言われて、結局全部開けないといけなかったのが残念。(`×´)ちなみに関空では係員の人がにおいを嗅ぐだけ。

 

開けたものは飛行機内でスッチーさんに冷蔵庫に入れてもらうようお願いすることに。

ローマから大阪への飛行機は、私が勝手に「プレジデントタイプ」と心の中で呼んでる、外から階段で飛行機に乗り込むスタイルでした。

 

写ってないけどこの渋顔のリッチの左手にはしっかり「オリ坊inチャイルドシート」のハンドルが握られています。 トータル約17kgの…。

 

さぁ今から12時間のロングフライトが始まりますよ!

 

「いいか、オリ坊。人に迷惑がかからないよういい子にしてるんだぞ。」

「はいはい、わかったょ。」

 

「赤ちゃんなんだから大目に見てくれたっていいのにさ。」(オリ坊 心の声)

トマトジュースを飲んで、映画を観ました。

音楽も聴きました。

ママに「頭が痛くなるよ」と忠告されながらも、それを聞かずにビールを飲んだパパはやっぱり「頭が痛い」とうなだれていました。「パパばかやなぁ、パパときどきばかやなぁ。」と言いながら。

消灯タイムにはパジャマに着替えて、ちゃんとバスケットに入って寝ました。

飛行機内では国籍問わずたくさんの方からお声をかけていただきました。降りるときなんてもう皆が挨拶していってくれて、たくさんかまってもらったオリ坊、笑いっぱなしでした!

 

日本人の方たちには下の最新版・サイトのフライヤー( ´艸`)をお渡ししたので(最後無くなって名刺を渡した方たちもいますが。><)、このブログ見てもらってるかなぁ…。「オリちゃんの成長記録を楽しみにしてる」とおっしゃっていただいたりして、とても嬉しかったです☆

 

 

 

2週間、愛情と栄養たっぷり詰まった地元での日々を終えて(このときの滞在ブログはまた次回)、またイングランドに帰る旅が始まりました。

 

 

大阪への特急電車の中、故郷を惜しむ私の傍らで気持ちよく眠っています。 なんて大胆な寝方なんでしょう。

 

 

 

 

リッチも寂しそう。

 

彼も日本と日本の人たち、家族、(そして食べ物も)好きだからなぁ…。

 

次は 空港リムジンバスに乗り換えて、50分。

 

飛行機が遅れる話はよく聞きますが、出発時間が早まってました。Σ(・ω・ノ)ノ

 

セキュリティも大行列。結局自由になってから搭乗までの時間はたったの5分。

 

免税店でお化粧品を見ることも、搭乗前にトイレに行っておくこともできませんでしたが、公衆電話から母に電話をすることができました。

 

ありがとう、元気で、また来るからと。

飛行機が滑走路からふわっと浮いたと思ったらそのまますごいスピードで空に向かって旋廻し、海が見えて、北に…下に見える景色は大阪、兵庫、奈良、三重、愛知、富山、福井、海…樺太・ロシア…故郷の国を離れる寂しさ…

 

離陸の感覚は慣れたけど、国を離れる寂しさには慣れません。

オリ坊は往路と同様、いい子にしてくれてました。

 

日本人のキャビンアテンダントの方が、もう少し大きくなって歩くようになったときの飛行機旅のアドバイスとか、一番オムツ替えがしやすい場所とかを教えてくださるのに対し、

 

イタリア人のキャビンアテンダント達はもっぱら「私の娘はもう3歳だけどこの子みたいに大人しくしていてくれないの!」とか、「私は子供が赤ちゃんのときはもっとゆっくり楽しめばよかったと後悔してるの、だってあっという間に大きくなるんだから!」とかプライベートな話満載。

 

楽しく盛り上がってきたらインド人の奥さんも「うちの子は~」と始まってきて、国際井戸端会議に発展。

 

でもオリ坊のおかげで本当にたくさんの方達とお話ができて,楽しい旅となりました。

 

 この帰りの便でも後部座席でオリ坊をあやしてくださった方々、本当にありがとうございました。おかげさまでとても楽しい旅の思い出ができました!

 

あ!くつした片っぽ無い!
あ!くつした片っぽ無い!

やっとロンドンに到着。 夜0時。

 

リッチママと旦那さんのクリスが空港で待っていてくれて、そのままコッツォルズへ。

 

実は私、日本を出る3日前から風邪をひきはじめて、そのときは39.5度の熱。

 

それから徐々に熱は下がっていくも、鼻水咳と花粉症で長旅はなかなかつらかったです。(・x・ )

 

でもリッチママの家で2日間、ゆっくり休ませていただきました。感謝です…

さぁ 優しいおばあちゃんにもお別れを言って、デヴォンの家に帰ろう。

3人の、わたしたちの家へ。

 

日本の実家→(車で50分)→三重の電車の駅→(特急で1時間半)→大阪→(バスで1時間)→関空→(飛行機で12時間)→ローマ(乗り換えまで2時間)→(飛行機で3時間)→ロンドン→(車で2時間半)→コッツォルズのママの家(1泊)→(車で2時間半)→デヴォンの我が家

 

というわけで、日本の実家から英国の私たちの家までの約2日間に渡る旅路も、いよいよフィナーレです。

 

リッチが穏やかなクラシック音楽をBGMにかけてくれました。

 

誰もしゃべりません。

 

きれいな音楽と、窓の外のうららかな春の景色…なつかしい我が家へ。

 

不思議なことに、実家を出るときは2週間があっという間だったと感じていたのに、ここに帰ってくるのは半年ぶりぐらいのような感覚。。

  

丘陵地帯のあちらこちらに広い、広い黄色の菜の花畑が見えます。少しいない間に、たくさん花が咲いたんだなぁ…。

ただいま。

 

家を開けると、2週間前に出たときのまま…ソファにかけられたオリ坊のブランケット。その横のレシピ本、次焼こうと思ってたケーキのページが開かれたままの…。

 

ただいま。

 

実家を出るときはとても悲しかったけれど、日本に帰っても、英国に帰っても「ただいま」と言える私はきっとすごい幸せものだ、と変わりないこの窓からの景色を見ながら心でつぶやきました。

 

ふたつも「おかえり」と迎えてもらえる場所があるって、とても素敵なこと。しかも地球の反対側に。

変わってたのは、キッチンの窓からの景色。 (下の写真)

 

ずっと枯れ木の柵だと思ってたバックヤードと秘密の小道を隔てるこの柵、黄色の花をいっぱい咲かせて鮮やかな垣根となってくれていました。

 

そしてこの小さなこの村の後ろ側の丘すべてが黄色になってたこと。菜の花畑がいっぱい。

Home Sweet Home...

 

 

おわり。

おまけ。

 

 

みんなを笑顔にするリッチ語マジック☆

 

実家にあったこのタヌキの貯金箱を見て、リッチが「トトロ!トトロ!」と嬉しそうに言ってました。

コメントをお書きください

コメント: 16
  • #1

    Phil Hill (月曜日, 16 4月 2012 18:29)

    Glad to hear you guys had an amazing time visiting your family and Oli was star of the show... which of course he ought to be! Get well soon though. Phil

  • #2

    みさと (月曜日, 16 4月 2012 20:14)

    飛行機の中で友達とリッチさんを見て、そのあまりのかっこよさに「追っかけ」をしていた者です。(笑)

    オリちゃんを見たときには「子連れかぁ~」とがっかりするも(すみません)その可愛さにきゃー!!と雄たけびをあげずにはいられませんでした。

    後ろから現れたヒロマィさんにはもう絶句でした…綺麗なお顔にスラッとしたスタイル、同じ日本人なのにこの差はなにぃ~!?目が合って微笑んでくれたときはもう心臓止まりそうでした(大げさ?)。

    フライヤーありがとうございました!!こんな素敵なブログを知れてうれしいです。これから1ファンとして更新を楽しみにしてま~す!!\(*^▽^*)/

  • #3

    ちらこ (火曜日, 17 4月 2012 03:46)

    長旅お疲れ様でした!それぞれのおうちに着くまでの時間いろいろなことがあったんですねぇ。でもヒロマィさんご家族ならどんなハプニングも全て楽しめていそう♪

    一番上のリッチさんとたくさんの荷物とベビーカーに乗ったオリくんの写真、どこかの空港のポスターというか広告になっていそうです!ヒロマィさんの撮る写真いつも大好きです♪

    飛行機で大人気だったオリくん、わたしもその場にいたかったなー(笑)機内の楽しそうな感じが読んでいて感じました。いろんな国の人たちと井戸端会議が楽しめるなんて素敵ですねぇ。語学力、重要ですね!わたしもいつかのその日のために勉強を・・・!!


    次回の里帰りブログも楽しみにしています!


  • #4

    kei (火曜日, 17 4月 2012 22:16)

    こんにちは!

    里帰り中はお忙しい中、お時間をとってくださってありがとうございました。娘もとても喜んでいました。

    リッチさんとヒロマイさん、どこにいてもすごく目立ってましたよ…(*ノωノ)

  • #5

    パトリシア (火曜日, 17 4月 2012 22:51)

    とっても感動しました。。 ヒロマイさんのせつない気持ちや、周りの人の優しさや、リッチさんの頼もしさ。。。
    めっちゃ伝わってきましたよ。
    そしてブログ読んでるだけで旅を便乗させてもらった気分になりましたよ~。

    長旅で大変なうえに高熱で・・。さぞ、辛かったでしょう。でも、ヒロマイさんは精一杯出会った人たちに感謝してて。。。
    素晴らしいです!!

    また、体調がよくなったら楽しい毎日を綴ってくださいね!!

  • #6

    きみこ (水曜日, 18 4月 2012 00:16)

    故郷を発つ寂しさがよくわかって涙ぐんでしまいました。
    こんな可愛いオリちゃんだから、ご両親はさぞ喜ばれたことでしょうね。

    ヒロマィさま、お体はもう大丈夫でしょうか?
    春は風邪をひきやすいので、治っても油断なさらないように!

  • #7

    ゆはる☆ (水曜日, 18 4月 2012 04:29)

    また今回も泣いた。
    ハプニングもあったけど、いい里帰りになってよかったね♪
    途中、写真のオリ君の靴下一個ないのには笑った。
    体調どうですか?お大事にね!

  • #8

    ヒロマィ&リッチ (木曜日, 19 4月 2012 05:04)

    Oh wow Phill! That's impressive (and funny) that you are here and what's more it seems you understand all my Japanese writings! I bet you have kept learning Japanese...right?

    Hopefully catch you guys up on skype soon! Rich & Hiromi

  • #9

    ヒロマィ&リッチ (木曜日, 19 4月 2012 17:30)

    みさとさん

    早速ここを見つけてくれたんですねー!
    うれしいなぁ、ありがとうございます☆

    旅路でお会いした方々とこうしてまた連絡とりあえるのって
    すごい素敵なことですね!文明の利器にも感謝( ´艸`)

    おかげさまで「どうなることやらヾ(´ε`;)ゝ」と心配していた機内での旅もまったく心配することなくむしろ楽しい時間を過ごすことができました。(いつもスッピンでむくんだ顔で長旅してる私を良いふうに書いてくださってありがとうございました…笑)^^お友達にもよろしくお伝えくださいね!

  • #10

    ヒロマィ&リッチ (木曜日, 19 4月 2012 17:40)

    ちらこさん

    色んなハプニングも全て笑える思い出に変わるんですよね( ´艸`)
    それにしてもカーシートは重かったです…(リッチが)笑

    写真のこと、ありがとうございます!
    私もちらこさんの写真やセンスが大好きですよ☆
    これからまたお花や葉、自然が美しい季節で写真いっぱい撮れますね!
    (は!!私、カメラの充電器を実家に忘れてきて今写真撮れないんですよ!!(´;ω;`) )

    空の上での国際井戸端会議、楽しかったですよー!
    英語の勉強、お互い頑張りましょうね!^^

  • #11

    ヒロマィ&リッチ (木曜日, 19 4月 2012 17:44)

    keiさん

    こちらこそ都合に合わせていただいてありがとうございました。^^
    お嬢さんの英会話がちゃくちゃくと身についていっててリッチも喜んでました!またスカイプレッスンに戻ってしまいましたが、これからもよろしくです。^^

    リッチは目立ちますから--( ´艸`)特に田舎だと!
    私はリッチの七光りです。笑

  • #12

    ヒロマィ&リッチ (木曜日, 19 4月 2012 18:23)

    パトリシアさん

    共感してくださってありがとうございます( ´艸`)
    ハプニングがあるほど思い出もいっぱい♥
    充実した旅となりました。しんどかったことももう笑い話です!

    おかげさまで体調はすっかりよくなりましたよー!
    いつも花粉症に便乗して熱が出てひどいことになってしまうんですが、
    英国には杉がないので花粉症自体を忘れてこの時期に里帰りをしてしまいました!

    でもちょうど桜が満開になってくれてよかったです☆

  • #13

    ヒロマィ&リッチ (木曜日, 19 4月 2012 18:25)

    きみこさん

    なるべく悲しいのが出ないように書いたのですが
    やっぱり寂しい感じがでてしまいましたね。><
    でも共感してくださってありがとうございます!

    おかげさまで風邪はすっかり治りましたよ~!
    イギリスに帰ったら、こっちの家族も同じような症状の
    風邪をひいてました。世界共通で流行中みたいですね。><

  • #14

    ヒロマィ&リッチ (木曜日, 19 4月 2012 18:29)

    ゆはる☆ちゃん

    寂しさがでないようにと気をつけて書いたけど、
    わかる人にはわかるのかなぁー…共感してくれてありがとうございます!

    あれ、アンパンマンの靴下を姪っ子からもらってきたんです。よく見るとベビーカーのタイヤのところに落ちてました!(写真にうつってるよ~^^)

  • #15

    にゃすけ (木曜日, 10 5月 2012 17:34)

    やっとコメントできました♫やっぱりオリ君いい子だわ♥今度日本にいらっしゃる時は是非是非ミウミウにあっていってくださいね!

  • #16

    Iutty( ヨッツィー) (火曜日, 03 7月 2012 09:58)

    里帰り 帰国編。
    とっても楽しかったです♪

    チャイルドシートごと、空港に置かれていたことから始まって(笑)
    機内に持ち込んで、無事に置けるスペースがあったり
    イタリアの空港では大活躍したこと☆

    機内では、とっても大人しくお利口にしているオリ坊に感心しました!
    とっても、可愛くていい子ですね。
    きっと親孝行な子だと思います。

    故郷を愛している様子がとっても伝わってきます。
    それと、今、住んでいるイギリスも。イギリスのご実家も。
    素敵ですね。

    最後の『トトロ』も受けました(笑)