ブルーベルの森、木漏れ日の中で午後の読書

リッチにお願いして、またブルーベルの森に連れてきてもらいました。今度は丸一日時間があるので、この深くて神秘的な森の中をゆっくり散策…。

 

朝からお弁当をつくって、ひざかけ用のブランケットに、二人ともそれぞれ読みかけの本を持って、出発♥

 

今回はこの森の中と、ここから車で20分くらいの人里離れたキレイな川と古い橋の袂にある、素敵なパブについて書きたいと思います。またもや、南西イングランドのとっておきのローカルな場所です…

 

お弁当作りと掃除をすませて出かけるためには、朝ごはんは手を抜かねば!

 

リッチにはホットミルクティ、私はレモンを入れたホットウォーター。

 

最近二人とも好きでよく買ってくるナツメヤシとメープルを練りこんだ、ほんのり甘いパン。軽くトーストして、クリームチーズを塗りました。このパン、本当おいしいんですよ☆

 

フルーツは苺と葡萄(種なしで皮も食べれます)。

お弁当…いつもかわいい仕上がりにならないお弁当。重箱に入ったサンドイッチです。この漆塗りの重箱、リッチが仕事にランチを持っていくのに愛用してます。私の母の友達が、お嫁に行くとき持たせてくれました。蓋には和風うさぎがいて可愛いんですよ。

 

このパンは食パン型で、ふわふわになるよう焼きました。ひまわりの種いっぱい入れて、栄養いっぱいの全粒分のパンです。スモークサーモンとライトタイプのクリームチーズをはさみました。

 

あとはフレッシュサラダと、キノコとポテトのカレークリーム和え。食後に欲しい甘いもの一口としてドライイチヂクを入れました。

そして国籍不明のお弁当包み。もとはハンカチだったのか何だったのかわからないけど、リッチの持ち物です。

 

サイズもぴったりでなんだか可愛いので、私は結構愛着を持って使ってます。

 

ピクニック用のかわいいバスケットをいつも探してるけど、買ってもやっぱりバスケットの中からこれが出てきそう。(笑)

 

お箸もふたりお揃いの赤と黒の、上等のものです。地元の貝(きらきら)の飾りが入ってます。私の日本での元職場の同僚の女の子が持たせてくれました。そういえば、祖母が持たせてくれたティースプーンセットの天辺にもひとつづつ、地元・鳥羽の本真珠がついてるんですよ☆

帽子を持って、いざ出発!!

 

家から30分くらいのドライブです。

行く道すべてに、お花がいっぱい。

 

丘の上には羊の群れや、ポニーたち。

 

新しいマイカーで嬉しさいっぱいのリッチ。ときどき道に飛び出してくる野うさぎや、野ぎつねに気をつけてね!

ブルーベルの森の入り口(の一つ)です。

 

山みたいな感じになってて、とても広いので、この中に入っても3つや4つ、小道が分かれてきます。

 

道には何台か車が止まってて、ウォーキングの方たちが他にもいらっしゃったのだろうけど、森の中で人に会うことはありませんでした。

 

清清しい…って言葉がぴったりの空気。

 

優しいそよ風が木の葉を揺らして、それが陽の光に反射してキラキラ、キラキラ。

 

奥深くに入っていくほど、この花の香りが濃くなってきて、ますます幻想的に。たとえるのは難しいけど、清楚で上品な香りです。

 

小鳥たちのさえずりが響いて、どこからか小川のせせらぎ。5感フルで自然の中に溶け込んでいくみたい。いつのまにか私もリッチも無言になってました。

 

 

1週間前はこのあたりも、青紫の絨毯のように花が満開だったのですが、そろそろ旬の時期も終わりみたいです。

 

毎年、毎年来たいな。

獣道のようなところを入っていって、小さめブランケットを広げられるほどの花の無い場所を見つけたのでお弁当とします。たくさん歩いたので、おなかもペコピコ。ペコピコって。(入力ミス)

 

食後はちょっと一休み。リッチは気になる本の続き。私はリッチの太腿を枕代わりにしてお昼ね…。妊婦は休憩が大切なので…クークー…。

40分ほどして目が覚めたら、こんな風景…まだ夢の中みたい。
40分ほどして目が覚めたら、こんな風景…まだ夢の中みたい。

花の香りいっぱいに包まれて、ゆっくり頭を起こしたらリッチが「次はどこに行きたい?」

 「上まで登ってみたい!」

ときどき手をとってもらって、上まで登りきりました☆ 

 

そこにあったのは、昔鉄道の橋だったのが、今はウォーキングやサイクリングをする人たちのために使われてる橋。

 

すごい~!髪を爽快になびかせてくれる風がとても気持ちいい!

 

ここからよく行くダートムーアの東北側がよく見えます。この前ピクニックしたところまで! (そのブログはここをクリック)

そしてそして、次に連れてきてもらったのが、フィングル橋の袂です。

 

また車で20分くらい、人里離れたダートムーアの中、きれいな浅瀬の小川と古くて歴史ある小さな石橋。

 

リッチと付き合いだした頃からよく連れてきてもらってました。川に足まで入って遊んだり、持ってきたトマトや林檎を冷やして食べたり。まわりにはやっぱりたくさん川辺を散策できる小道があります。

 

この建物は、いつも地元デヴォンの人で賑わってるパブ(実は宿でもある)です。ここの木漏れ日の下で飲むサイダー(シードル / 林檎の発泡酒)は最高です!!

 

これがフィングル橋。何年も人から愛されてる小さな石橋です。

 

上の写真は、この橋の上から撮ってるんですよ。

 

雰囲気があって、ずっとここで景色を眺めていたくなるほど、川も山(森)もきれいなところです。

 

パブと反対側を見ると…あ!魚釣りしてはる。

 

小さな魚を釣っては、川にまた放していました。

 

パブの外にあるテーブルで少し休もうか、とリッチ。

 

ローカルの牧場で作られてるアイスクリーム(苺)と、林檎100%の微発泡のジュースをオーダーしました。 どっちも半分こ☆

 

 

発泡シュワシュワ。この粒を光にあてて眺めるのが好きです。楽しくて、でもちょっとせつない感じがする。

 

昔よく聞いてた曲の歌詞で、「ソーダ水の粒のような楽しそうな日々が流れる。いつか今のことがなつかしく感じるのかもしれないね。」ってフレーズがあるのですが、いつもそんなことを考えてしまうのです。

 

そのわりには、根っこはびっくりするほどポジティブ!! とよく言われるんですけどね。:))

そんなことはさておき、また川のほとりを1時間ほど散策。

 

見たこと無いきれいな虫(玉虫みたいなの)や、いろんな鳥たちに会えました。

 

ときどき、手をつないで散歩をしているおじいちゃん&おばあちゃんとすれ違ってHelloと言ったり…。

 

いつもきれいな花を見つけると、とって私の帽子や髪に飾ってくれるリッチですが、オリヴァーにも黄色いタンポポを。

 

お弁当用の手提げかばんが大きかったので、私がこっそりオリヴァーを忍び込ませてたんです。頭半分出ててバレバレだったけど!

 

 

 

 

 

帰り道。田舎道をドライブするときは気をつけて…道を走ってるにもかかわらず、小川が突然登場してくることもあります。

 

ざぶんざぶんと中に入って、深さをチェックするリッチ。普通に車で越えれました。

デヴォン州の田舎道はメインロード以外ずーーーーっとこんな感じです。海サイドに行くとまた別ですが。。

 

幾重にも分かれてるののと、ヘッジと呼ばれる草木の塀で見渡しがきかないので、地元人じゃないと迷ってしまいます。

 

車は1台分が通れる道ですが、ときどき写真のように1.5倍のところがあるので、対向車のどちらかがバックして戻ったりして譲り合いながら、パスしていきます。

 

もちろん、パスするときには、運転手同士、手をパーにして目でお互いThank youの合図。なかなかあたたかいですよ♪

あぁ素敵な休日だった♥ 

 

この日はリッチに感謝の気持ちをこめて、彼の大好きなビーフキャセロールを作りました。庭のテーブルに白いテーブルクロスを敷いてお花を飾って…

 

フライパンを熱して、しっかり表面を焼いた厚め牛肉ステーキ(最初にコーンスターチをまぶしておくと、あとでスープがこってりして美味しいです)をニンニク、玉ネギやマッシュルームなどの野菜と一緒に耐熱皿にいれ、ビーフストックも入れたらオーブンで180度2時間。

 

フォークを少し刺すだけで、身がほぐれるほど柔らかいビーフのできあがりです♪

全粒紛のしっかりしたフレンチバゲットに大豆のバターを塗ったものを添えました。

 

 

食後のデザートはさっぱりしたものが欲しかったので、グレープフルーツとフロマージュフライス(ヨーグルトそっくりのフランスのチーズです)。

 

トッピングにピーカンナッツ。ヘルシー♪

 

 

おわり☆いつもブログ、読んでくださってありがとうございます!

コメントをお書きください

コメント: 12
  • #1

    ココ (土曜日, 30 4月 2011 21:29)

    お姫様みたいな休日ですね。うっとりしてしまいました、優しい旦那様に次々とでてくる美しい風景…。あぁ~うらやましいです!!

    でもヒロマィさんにはその価値が十分あると思います!お体に気をつけて元気な赤ちゃんを産んでくださいね。日本の皆も楽しみにしていますよ♪

  • #2

    ゆうな (土曜日, 30 4月 2011 22:18)

    はじめまして、ミクシーから来ました。

    なんて贅沢な休日なんでしょう。こんなお話があるなんて!お金じゃ買えない贅沢ですね、美しい自然と大好きな旦那様とゆっくり過ごす時間。

    イギリス、さらに行ってみたくなりました。ヒロマィさんとリッチさんのお人柄にも魅力を感じます。メルマガ早速登録させてもらいました。よろしくお願いします。

  • #3

    triple berries (土曜日, 30 4月 2011 22:26)

    グレープフルーツがなんでそんなおされに!?
    キャセロール、とても美味しそうですね。
    毎食出てくるパンの種類に密かに驚いています。ナツメヤシとメープルのパン、食べてみたい~!

    毎回毎回、おとぎ話みたいなお話とヒロマィさんの楽しげな文章に引き込まれてしまいます。まわりの方達から愛される人柄がわかる気がします。^^お体気をつけてくださいね。

  • #4

    ミィ (日曜日, 01 5月 2011 00:24)

    こんにちは~!

    久々にブログをのぞいてみたら、すごくキレイなブルーベルの森!

    こんな素敵な場所があるんですね、観光場所でないローカルのイングランドには。

    ウェディングの日記もイースターの日記もまとめて読ませていただきました。

    日本と違う文化、とても興味深いです♪お料理も美味しそう。

  • #5

    文香 (月曜日, 02 5月 2011)

    こんにちは!

    今回もワクワクしながら読ませていただきました。
    いつ読んでも、本当に素敵な暮らしにうっとり♪です。
    (自分の現実がいやになる~笑)

    29日のロイヤルウェディング、皇室ファンとしては見逃せない!!
    リアルタイムでバッチリ見ましたよ。
    ケイトさん、いやもうキャサリン妃ですね。
    とってもステキでしたね。

  • #6

    ヒロマィ&リッチ (木曜日, 05 5月 2011 22:47)

    ココさん

    ありがとうございます!
    価値が十分かどうか…自分では疑問符がつくのですが、できることを精一杯していこうと頑張ります。:D

    お気遣いありがとうございます。
    ココさんも、お気をつけてくださいね。

  • #7

    ヒロマィ&リッチ (木曜日, 05 5月 2011 22:50)

    ゆうなさん

    こんにちは、はじめまして。
    コメント遅くなってしまってすみません!>.<

    お金じゃ買えない贅沢…本当にそのとおりですね。
    毎日夫婦そろって健康で、キレイな場所に遊びに行けて…素晴らしいことだなぁと思います。そういえばこういうピクニック、全然お金かかってないですね(笑)。ちょっと嬉しいです。

    私もゆうなさんの日記を読んでどんな方かもっと知りたくなりました☆素敵なお菓子作り、ぜひぜひ参考にさせてくださいね♪

  • #8

    ヒロマィ&リッチ (木曜日, 05 5月 2011 22:53)

    Triple Berrriesさん

    グレープフルーツもいいグラスに入れると大変身!ですね!私もちょっと驚きました&目がキラキラに。

    パンはこっちの生活の楽しみの一つですよ~。シンプルでどっしりしたものほど、噛めば噛むほどいい味わいがギュ~ッとするんです。栄養いっぱいのパンも種類が豊富で毎回買い物で迷ってしまいます♪ 

    これからもいろいろ載せていきますね、パン!!

  • #9

    ヒロマィ&リッチ (木曜日, 05 5月 2011 22:56)

    ミィさん

    文化の違いって興味深いですよね。こっちでは「日本でもイースターのお祝いするの?」とか同様に聞かれます。

    そうですよ~日本にもとっておきの自然の綺麗な場所があるように、イングランドにも地元人しか知らないようなとっておきの場所がたくさんあるんですよね☆

    知ることがいっぱいあるって充実しててラッキーです♪

  • #10

    ヒロマィ&リッチ (木曜日, 05 5月 2011 23:00)

    文香さん

    本当に本当に、キャサリン姫素敵でしたね~!!
    私も一人テレビの前で釘付けになって早朝から午後まで観てました!ドレスが最高に好きでした!!馬車に乗って手を振る姿はもう本当のプリンセス!

    妹のピッパさんも素敵でしたね。それに他の国からやってくる皇室のお姫様たちのドレスにも注目して観てました☆

    文香さんと一緒に生中継観てたら一緒に盛り上がって楽しかっただろうなぁ…。:))

  • #11

    ぎぼんにゅ (日曜日, 08 5月 2011 09:53)

    はじめまして、私もミクシィからきました。
    日本では見ることないブルーベルの花。私はナショナルトラストで買ったブルーベルのルームスプレーを持ってました。もしかして、イギリス?と思ってたらそうでした。きれいな写真にうっとり。。。私は10年前にサリー州に1年ほど住んでいたので、食べ物や風景がとても懐かしいです。
    これからも訪問させてくださいね。

  • #12

    ヒロマィ&リッチ (日曜日, 08 5月 2011 15:35)

    ぎぼんにゅさん

    こんにちは!ありがとうございます:D
    ブルーベルのルームスプレーですか!?わぁ、お部屋が一瞬にして清楚な空気に包まれそうですね☆ 今度私も探してみます!!

    サリー州はロンドンの近くで便利なところですよね♪
    1年住んでらっしゃったのなら懐かしいに違いない!
    私も嬉しいです、ぜひぜひのぞきにいらしてください、ぎぼんにゅさん!