キラキラ白銀の朝

土曜日の朝、起きたらまた雪がつもってた!

 

仕事に行けるかどうか車を動かしてみたリッチ、すぐに雪に車が詰まってしまいまいした…。朝6時というのに、休日のはずのパパを起こしてハンドル係りを、リッチと私が車を押して戻すはめに。

 

息は真っ白。ゴジラが火を噴くときの、寒いバージョンみたい。

 

まあとにかく、この雪で皆仕事は休み!天気予報では、明日もあさっても、雪が降るかもしれないとのこと!なんてこった!こんなの今までで初めてだよ、とパパ。

さて、買い物に行けなくなっても食料は十分あるだろうか…。3人で食料庫や地下の冷凍庫をチェック。

 

もうちょっと野菜とパンと缶詰系が欲しいな…、町のお店が売り切れになってしまう前に買いに行こう!

 

店へ向かう。難民のように歩いてる私達の先頭がパパ、その後ろはリッチ。

と、…いきなり無言のリッチが雪玉を作ってパパに投げたのです!!

 

よけたパパ、声を高らかに、「かかってこい、息子よ!!どれだけ成長したか見せてみろ!!」すごいノリだ!! これぞ英国の息子(来月28)と父!!

 

これより、すさまじい雪玉戦が繰り広げられたことは書くまでもないであろう…。

 

誰も外に出てないと思ってたら、どこのファミリーも皆外にいました!道はどうか見に行く夫婦、ソリを持って丘に登っていく子供連れのファミリー、いつもどおり新聞を買いに行く隣のテットおじさん。

写真「近所のおじさん」ショット!

 

午後は丘の上へ上ってソリ遊びー!!パパ「車庫にソリ二つあるから遊んできなさい。」やったやったー…ん?ソリってどこに? そこにあったソリは、手作りの、それである。あの農業用肥料の袋、あれに何か(リッチ曰く「わら」)が詰めてあって、ヒモでしばってある、ソリと呼ぶもの。それが二つ。

 

それを持って丘の上へ…。ドキドキ。町の子供や家族連れが結構もうすでにちょこちょこ遊んでる!みんな、れっきとした赤や黄色のかわいいソリだ。スノーボードどころかボディボードまでいる。

 

悲鳴がいっぱい聞こえてきて皆楽しそう!そしてリッチが、パパの手作り肥料用袋ソリで挑戦!…ん、すべらない?あ、足でこぎだした。お、音速ですべってった!あ、まくれて転がってった!!笑 しかも手作りソリを縛ってあったヒモ、はずれた!「わら」が入ってるとリッチが信じてた中身は…、パパのお古のジーンズや帽子!!ち、ちらばって…だめだ、笑いが止まら…!!

 

 

写真:いつも私に「きのこの山」を彷彿とさせる近所のこの木。

 

さて、おもしろソリ、純粋で興味豊かな子供達は私達のソリを見て「それよくすべるの?」などと言ってよってきました。よくすべらんとわかっててリッチに自分のソリ(ちゃんとしたやつ)を使っていいよと渡す子まで。

 

でも、座るとあったかいんだ、私達のソリは。なんてったって中には布系が詰まってるんだからね。くつを履きなおすのに、私達のソリに座った子供もいいました。「これ、心地いいんだね!」

 

そんなわけで、気がついたら最高にアツイ雪合戦を繰り広げてた私達、5歳くらいの男の子チーム、強すぎる!!私は誰かのボディボードを盾に陣地を作ってリッチのフォローに。リッチは勇敢にも最強ボーイズチームと果敢に戦い、雪まみれに。…皆、雪の日を満喫したのでした。

 

ちなみにソリ遊びや雪合戦の写真がないのは、私がカメラを守るため、持っていかなかったのです。Good Decision.

この写真は先週末。隣町へラッピングペーパーを買いに行ったら、広場で子供達がクリスマスコンサートをしていました。みんな一生懸命で、コーラスがきれいで、なんだか結構感動。 この国のクリスマスっていうイベントがどれだけ大きくて大切なものなのか、日々実感していってます。